オフトレ スノーボード上達

【乗ってみた】カービングのオフトレに最適なロンスケ!ヨロイスケートボードRYU II&JUJU

ロングスケートボードでスノーボードのオフトレをするプロスノーボーダー藤沼到

スノーボードのカービングのオフトレといえばロングスケートボード・ロンスケがおすすめです。

ロンスケでは

  • 角付け(体軸の内傾・上体の外傾)
  • 回旋
  • 荷重抜重

を意識した動きがスノーボードのカービングターンの動きと共通しています。

実はスノマガ編集部のワタナベ(元プロスノーボーダー)は初級者のときに逆ひねりのスライドターンしかできず、カービングターンがまったくできなかったのですが。

オフシーズンにロンスケで遊んでいたおかげで、次のシーズンに入ったときに順ひねりのターン、カービングターンができるようになっていたという経験があります。

逆ひねりではロンスケの向きを変えてターンすることはできません。

誰に教わるでもなかったのですが、ロンスケで体が自然にローテーションと内傾を覚えていったのだと思います。

自分が逆ひねりなことさえ気づいていなかったのですが、できるようになって初めて「順ひねりってこれかぁ、カービングってこういうことかぁ、みんなが言ってたのがやっとわかった!」と思ったのでした。

楽しく遊んでいるうちにいつの間にか進化していました

ロンスケでプッシュするスノーボードオフトレ中のプロスノーボーダー

スケボーの場合には板と足はビンディングで固定されていません。

両足がつま先もカカトもフリーな分、ターン時の内傾とポジションの関係はシビアです。

ロンスケではより不安定な状態でターンをしなくてはいけないので、スノーボードのカービングターンが上達しないわけがないのです。

スノーボードフェイキーライディングのオフトレ ロンスケスイッチターン

また、スイッチスタンスでロンスケを楽しめばフェイキーライディングの練習になります。

カービングやフリーライディングが好きな方だけでなく、ゲレンデを自在に動き回りたいグラトリライダー、フリースタイラーにもおすすめです。

ロングスケートボード YOROI SKATEBOARD & HEAVEN SKATEBOARD

さて、ロンスケもいくつもメーカーやブランドがありますが、今回はスノーボードのオフトレのために作られた『YOROI SKATEBOARD(ヨロイスケートボード)』から2機種・3本のロンスケをお借りして、ファーストインプレッションとレビューをお伝えします。

今回はスケートボード歴30年のプロスノーボーダー藤沼到氏がレビュアー。

藤沼プロのYouTube動画との超連動企画となっています。

藤沼 到 プロスノーボーダー / RIDE FOR A SMILE もお見逃しなく!

カービングモデル RYU II 38(リューツー)

YOROI SKATEBOARD RYU II に乗るプロスノーボーダー藤沼到

RYU IIは竹を使ったデッキを採用し、通常のロンスケよりも大きなしなりと反発力があるのが特徴のロングスケートボードです。

はじめからスノーボードのオフトレ用に開発されており、特にカービングターンのトレーニングを意識した設計となっています。

YOROI SKATE BOARD RYUII ロンスケ 独特の形状

横から見るとスノーボードのキャンバーボードのようにセンターが上に反り上がっており、その形状がおもしろいと感じるかもしれません。

この板では、重心のポジションを安定させて板をたわませ、荷重した状態で滑ってターン弧が描かれます。

切替時に圧を抜くと同時に体軸を入れ替え、まさにカービングターンと同じメカニズムで次のターンに入り、スピードを出したままで進むことができます。

板を傾け、体の重心を移動させながらバランスを取ってターンを繰り返す。

もちろん横方向だけでなく、前後のポジションもしっかり遅れないようにする必要があります。

シビアな感覚でカービングのオフトレができます

スノーボード・カービングターンのオフトレにロングスケートボードを活用

藤沼プロは板のたわみ・しなりがスゴいことに驚いていました。

「荷重して板をしならせ、抜重してしなりが戻る。その時の反発を活かしてターンを切り返すきっかけを感じられる」と評し、「スノーボードのフリーライディング中の動きに似せて動くことができる」と感じたそうです。

「しなる板の特性を活かして、デッキ上での荷重抜重・上下動・前後動の確認などスノーボーダーのオフトレに最適」と太鼓判を押してくれました。

ハードフレックスのPYは「速度を上げても安定するので体重が重めの人にもオススメ」とのこと。

トレーニングだと硬く考えなくても、楽しく乗ることができてそれがいつの間にかトレーニングになっている、というところがロンスケのすばらしいところです。

スノーボード・カービングターンのオフトレ ロンスケでのヒールサイドターン

このロンスケで練習すればするほどカービングでのポジションが良くなり、実際の雪上でも同じようにしなやかで美しいカービングターンを繰り返すことができるでしょう。

RYU IIにはソフトフレックスのOLとハードフレックスのPYがあり、体重によって使い分けができます。

目安体重の真ん中にいる場合には女性ならソフトフレックスのOLを、男性ならハードフレックスのPYを選ぶといいでしょう。

RYU II OL(ソフトフレックス)RYU II PY(ハードフレックス)
目安体重35kg〜70kg55kg〜80kg
デッキ材料4PLY Bamboo + 4PLY カナディアンMAPLE2PLY Bamboo + 5PLY カナディアンMAPLE + 1PLY ファイバーグラス
デッキサイズ38x9inch(96.5x21.6cm)38x9inch(96.5x21.6cm)
トラックYOROI WAVER TRUCK 7’ SHR90A’YOROI WAVER TRUCK 7’ SHR90A’
ウィール70x52mm SHR85Aウィール70x52mm SHR85Aウィール
ベアリングABEC-11 (ビルドインタイプ)ABEC-11 (ビルドインタイプ)
グリップテープソフトクッションEVA+ノンスリップテープソフトクッションEVA+ノンスリップテープ
ソフトとハードが選べます
¥39,930 (2021/08/20 10:55時点 | Amazon調べ)

ダンシングモデル JUJU 45(ジュジュ)

YOROI SKATEBOARD JUJUに乗るプロスノーボーダー藤沼到

韓国や中国で人気が爆発し、日本でも話題になっているダンシングスタイル。

ロングスケートボードのデッキの上で、まるで踊るようにステップを踏むアジアンガールの動画を見たことのある人もいるのではないでしょうか。

YOROIのJUJUはそのダンシングスタイル向けのロンスケです。

YOROI SKATEBOARD JUJU 横から見た形状

RYUと大きく違う点は真横から見た形状とフレックス。

RYUはスノーボードでいうキャンバーがあり、板全体が大きく上に反っていますが、JUJUはほぼフラットです。

ダンシングスタイルでステップを踏んだときに荷重で板がしなってしまうと安定しないので、フラットな形状で滑れるデザインです。

YOROI SKATEBOARD RYUIIとJUJU ホイールベースの違い

また、JUJUはノーズとテールがキックして長さがあるため、トラックはその分だけ内側にセッティングされています。

レングスは45インチと長いもののホイールベースはRYUの38インチよりも短いというポイントにご注目ください。

ホイールベースが短いため、ターン弧の大きさはよりタイトになり、曲がりやすい、と感じるようです。

レングスが長くてダンシング向けのモデルというと曲がりにくいのかな?と考えがちですが、トゥエッジとヒールエッジも踏みやすいシェイプになっているので、スノーボードのオフトレにも有効です。

YOROI SKATEBOARD JUJUに乗るプロスノーボーダー藤沼到

藤沼プロも「見た目の長さとは裏腹に小回りを利かせやすい印象」と語り、「デッキにのせた足を包み込むような形のシェイプなので、トウサイド・ヒールサイドともにエッジ近辺を踏みやすかった」と評価してくれました。

RYUがしっかり踏んでターンをするためのロンスケなのに対して、JUJUは傾けるだけでターンができる、つまり、カービングに慣れていない人にもおすすめのロンスケであると言えるかもしれません。

RYU II OL(ソフトフレックス)
デッキ材料1PLY Bamboo + 6PLY カナディアンMAPLE + 1PLY ファイバーグラス
デッキサイズ45x9.25inch(114.3x23.5cm)
トラックYOROI WAVER TRUCK 7’ SHR90A’
ウィール70x52mm SHR85Aウィール
ベアリングABEC-11 (ビルドインタイプ)
グリップテープソフトクッションEVA+ノンスリップテープ
ホイールベースが短いのはこちら
¥49,390 (2021/08/20 11:00時点 | Amazon調べ)

まとめ

ロングスケートボード スノーボードオフトレ プッシュ

RYUもJUJUもトラックの位置を変更することができる設計になっているため、ターンの弧を小さくしたい!と思ったらセッティングをいじって楽しむことができます。

上級者になってもっと自分好みのセッティングにしたくなったら、トラックの調整をしたりウィールを変えたりももちろんできます。

カービングターンのオフトレグッズとして、純粋に楽しむロンスケとして、両方の用途で長く使うことができるでしょう。

  • とにかくカービング命!
  • フェイキーがうまくなりたい!
  • 筋トレはつらい……
  • 芝トレは楽しいけれど行くのがたいへん……

そんな方にはYOROI SKATEBOARDが超おすすめです。

YOROI SKATEBOARDの初心者向けハウツー超連動はこちら

今回紹介したロンスケはこちら

たわみ・しなりがスゴい!
¥39,930 (2021/08/20 10:55時点 | Amazon調べ)
ホイールベースが短いのはこちら
¥49,390 (2021/08/20 11:00時点 | Amazon調べ)

協力

YOROI SKATEBOARD

ベイリーフ楽天市場店

藤沼到

プロスノーボーダー藤沼到 ロンスケ試乗インプレッション

プロスノーボーダー / イベントMC

1979年11月27日生まれ

藤沼到プロへのインタビューはこちらの記事をご覧ください。

WEB & SNS

藤沼到公式サイト

YouTubeチャンネル
藤沼 到 プロスノーボーダー / RIDE FOR A SMILE

今回のロンスケのインプレッション動画はこちら
ロンスケ乗り比べ!スケボー初心者&スノボオフトレ向けはどれ?

  • この記事を書いた人

渡部ルミ

スノーボード歴26年の元JSBA公認プロスノーボーダー。かつてはインストラクター資格も保有。

-オフトレ, スノーボード上達