https://snowboard50.com

スノーボード上達 初心者向け

スノボー初心者でも1日でターンできるコツを全公開。この手順で練習すれば必ず滑れます!

この記事を読めば、朝はまったくの初心者でも、夕方には「ターンができた!」と言えるレベルまで上達できます。

最初に目標を明確にしておきましょう。この記事で目指すのはギリギリ初心者を脱出した! といえる「コの字ターン」ができることです。

コの字ターンの完成イメージ(スノボでの初めてのターン)

「コの字ターン」ができれば、胸をはって「ターンができたよ!」と言えます。そして、家に帰る頃には「初心者を脱出して、初中級者レベルになったよ!」と言いふらしてOK!

目標設定をして、正しい練習方法を理解すれば、最短ルートでうまくなれます!

初心者を脱出して「キレのいいカービングターンがしたい!」という人には、以下の記事をおすすめします。

逆に「ボードに違和感があってうまくなれない……」と悩んでいる人には、ボード選びをプロが解説する、以下の記事をおすすめします。

スノボ初心者が練習する順番をプロ中のプロが決めました

稲川光伸著「DVD出完全マスター!スノーボード フリーラン最強テクニック」
この本を書いた稲川代表が解説してくれました

この記事で解説している「1日でスノボが滑れるメニュー」なら、初めてのスノーボードでもターンできるようになります。

この記事の解説は、元JSBAデモンストレーターの稲川光伸さん(妙高山スノーボードスクール代表)。取材・記事構成は元雑誌スノーボーダー編集長の立石が担当しています。

ビンディングをラクにつける方法

注目度上昇中のUNION BINDINGS
注目度上昇中のUNION BINDINGS

たかがビンディング装着なのですが、中級レベルになっても、状況によってはビンディング装着で体力を消耗してしまうことがあります。

ビンディング装着は、

  1. 真っ先にリーシュコードをつける
  2. ビンディングは前足(レギュラーなら左足)からつける
  3. ビンディング内の雪はしっかり払っておく
  4. アンクル→つま先のストラップの順に締める

という手順を守りましょう。

ブーツの雪も落としておきましょう。

ビンディングのベースプレートや、ブーツのソール(底)についた雪は落としてから、ビンディングを装着しましょう。雪がついたままビンディングをつけてしまうと安定せず、上達の妨げになります。

どうしてもビンディング装着がうまくいかない! 体力を消耗する! という人は、ステップインにしてしまうという手もあります。「今のブーツを生かしたい!」という人であれば、FLOWがおすすめです。

斜面でラクに立ち上がれるおすすめの立ち方

ここでは「これさえ覚えておけばどこでも立ち上がれる」という、一番おすすめの立ち上がり方を紹介します。

雪面にうつ伏せの状態で立ち上がりましょう。最初からうつ伏せ状態の時は、腕立て伏せの要領で簡単に立ち上がることができます。

お尻をついて座っている時は、くるっと反転して、うつ伏せの状態になってください。

次の3ステップで立ち上がることができます。

  1. 後ろ足(レギュラーなら右足)を抱え込み、反対の足を伸ばす
  2. 後ろ足を抱えたままで、くるっと反転します
  3. 腕立て伏せの要領で立ち上がるとラクです

「ボードのエッジをつかんで立ち上がろう」という話もよく聞きますが、これは斜度がある場所でボードをつけるときの、やや上級編です。詳しくは別記事で解説しています。

その他の立ち上がり方については、以下の記事を参照してください。

転び方についてもイメトレしておこう

後ろに転ぶ時は頭を上げて背中を丸める

この時点で転び方についても一応イメトレしておいてください。この記事では危険度の高い「後ろへの転倒」だけを簡単に解説します。

初心者のうちは逆エッジで転倒することが多いと思いますが、手をつかないことが最大の注意点。手首の捻挫や骨折が多いからです。

上の写真のように、①背中を丸めてでんぐり返るように力を逃がし、②頭をあげて雪にぶつからないように注意して、最後に③足を持ち上げてエッジがひっかかることを防止します。詳しくは以下の記事で解説しているので、時間のあるときにチェックしてみてください。

基本姿勢は「どこにでも動けるポジション」のこと

両足をバインディングに装着して滑り出す前に、基本姿勢を覚えておきましょう!

基本姿勢=センターポジション
基本姿勢=センターポジション

まず最初に、次のポイントを押さえてください。基本姿勢をとりながら、滑っている時どこにでも動けるポジションを意識します。

  1. 基本姿勢は滑っている時の姿勢じゃなく「どこにでも動き出せる中間姿勢」
  2. ビンディングとビンディングのまん中に立つ
  3. ヒザと股関節を軽く曲げる(頭が下がるのはNGです)

滑っている時は基本姿勢と少し違うポジションにいることもあります。ターンポジションについては、以下の記事でチェックしてください。

カカシのポーズでスケーティングのイメトレ

基本姿勢を確認したら、滑り出す前にカカシのポーズで、スケーティングのイメトレをしておきましょう。

前足に乗るカカシのポーズ
前足に乗るカカシのポーズ

前足(レギュラーなら左足)のビンディングをつけて、後ろ足はフリーの状態で立ちます。

ここでは、前足1本で立ってバランスを取ることを意識してください。

カカシのポーズを練習しておくと、1本足で立つ重心が確認できます。次はスケーティングに挑戦します。

スケーティングで移動するイメトレをしておきます

スケーティングは、スノーボードで自由に移動するためのテクニックです。この後はリフト乗り場に移動しますが、そこでさっそく必要になります。

  1. 前足をビンディングに装着した状態で…
  2. 後ろ足で蹴って前に進む

というのがスケーティングですが、ポイントは2つ。

スケーティングの仕方
常に体の軸が垂直。前足にしっかり乗っています
  • カカシのポーズで覚えたバランスで、前足で体重を支えます
  • 後ろ足は大きく蹴りすぎず、少しずつ進むイメージで練習しましょう

スケーティングがうまくできない人は、後ろ足で蹴る意識が強すぎてバランスを崩している可能性があります。「ちょっとずつでいいから、バランスをキープして進もう」と考えてみてください。

稲川代表の合成写真(↑)を参考にイメトレしてみよう。

とにかく前足の安定感重視で練習しましょう。これができたらリフトに乗って初心者コースへ! リフトが怖い場合は歩いて上れる範囲で練習してもOKです。

ゲレンデを歩く場合は端っこを通るようにしてください。みんなが滑るバーンに足跡をつけるのはNG。ブーツで開けた穴で、誰かが転んでしまうかもしれません。

ボードを横にしてズズズ…と滑るサイドスリップ

サイドスリップ(ヒールエッジ)

では、斜面を滑ってみましょう!

まず最初に覚えるのは、スノーボードの片側エッジだけを使って、ズズズ…と斜面を滑り降りるテクニック「サイドスリップ」。これができるようになると、斜度があるバーンでも安全に下りてくることができます。

練習はヒールエッジのサイドスリップからスタート

サイドスリップはまず、ヒールサイドエッジから練習を始めてください。下っていく方向を見ながら進むので、自然にマスターすることができます。

サイドスリップで進む・止まる原理

スピードの調節や、ブレーキのかけ方は上の図を見てみてください。左の図のように、雪面に対してボードの角度を小さくすると、エッジが雪面に食い込まなくなって進み始めます。

反対に、右の図のようにかかと側に体重を乗せてエッジを食い込ませると、スピードがなくなって停止します。

ヒールエッジでのサイドスリップには、2つのコツがあります。

  1. 手を少し上げる(前に出す)
  2. 頭を少しだけ斜面下側に落とすイメージ

上記の2つの動作で、スノーボードが自然と滑りはじめます。その時、リーンアウトの姿勢をとることで、滑りが安定します。

サイドスリップ中のリーンアウト姿勢

トゥーエッジのサイドスリップは目線の先行がポイント

トゥーエッジでのサイドスリップ中の姿勢

トゥーエッジでのサイドスリップは背中向きに滑っていくため、少しだけ難しくなります。

そこで、レギュラーの人は左の肩越しに、グーフィーの人は右の肩越しに、滑っていく方向を見てください。

目線を先行することで滑りが安定してきます。

目線を先行しすぎると、ターンしてしまうので注意しよう。

目線を肩越しに、進行方向に向けながら、これから進む斜面の状況を確認するくらいがちょうどいいでしょう。

また、サイドスリップをもっと完璧にマスターしたい! という人は以下の記事を参照してください。

サイドスリップまでマスターしたらリフトに乗ろう

サイドスリップまでマスターしたら、いよいよリフトに乗って山をあがります。場合によってはゲレンデ下部でサイドスリップの練習が難しいケースもあり、その場合はリフトに乗って山をあがってからぶっつけでサイドスリップの練習をする必要が出るかもしれません。

リフトに乗るときは、以下の点に注意してください。

  1. リフト乗車位置(停止線)でボードを前に向けたまま待つ
  2. 肩か脇ごしにリフトを見ながら、半身の状態ですわる(半ケツです)
  3. 動き出したら前を向いて座り直し、セーフティーバーを下げる

もっと詳しいリフトの乗り方や、リフトの降り方、初心者に優しいリフトの選び方は以下の記事でガッチリ解説しています。

左右にジグザグ斜面を滑り降りる木の葉落とし

木の葉落としのイメージ
木の葉落とし

木の葉落としはサイドスリップをしながら、ゲレンデを左右に滑り降りるテクニックです。

サイドスリップ + 左右の移動 = 木の葉落とし

木の葉落としの進み方
木の葉落としの進み方

トゥサイドでも、ヒールサイドでも、得意な方で構いません。サイドスリップをしながら、進みたい方向に少しだけ体重を乗せます。同時に行きたい方向に目線を向けます。

行きたい方向に少しだけ体重を乗せる + 行きたい方向に目線を向ける

すると、体が自然と進行方向に開く形になり、ボードが行きたい方向に進んでいきます。

コツは止まってしまいそうな低速を避けて、ある程度のスピードでサイドスリップをしながら、横に移動する動作をスタートすること。

低速だとエッジが強く立っている状態なので、スムーズに左右に進んでいくことができません。

よくネットで「木の葉滑り」と書かれていますが、それは間違い。「木の葉落とし」が正解です。別に用語が間違っていても構わないのですが、「将来検定を受けたいな」とか「スクールに入って基礎を学び直したいな」と言う場合は、正確な用語を覚える必要があります。

木の葉落としについては以下の記事で詳しく解説しています。この記事を読んでも「うまくできないなー」という場合は、ぜひ参照してみてください。

ここは難関!ボードを縦にして滑るノーズドロップ

いよいよ、ボードを真下に向けて進むノーズドロップにチャレンジしましょう。

ただし、ここには、ちょっとした見えない壁があります。

サイドスリップの滑りかた再確認

ここまでは上の写真のように、ボードを進行方向に対して横向きにして滑りました。この状態なら、いつでもエッジングを強めてブレーキをかけることができます。

なんだかんだ言っても、安心できる滑り方でしたよね。

しかし、ノーズドロップから直滑降に入ったところで、トゥ側・ヒール側どちらのエッジにもかかっていない状態になります。

初めての直滑降は少し怖いので、頑張りどころですね。また…

  1. 直滑降の状態に入るためにボードを90度回す
  2. 直滑降で滑る
  3. 直滑降からボードを90度回して停止する

という3つの未体験要素が登場するため、ノーズドロップがおそらくこの記事の最難関チャレンジ! 以下のコツを頭に入れてからトライしてください。

ノーズドロップはトゥエッジに乗った状態から練習を始めます

練習は停止した状態からスタートすればOK。また、トゥエッジで立った状態からスタートします。

ノーズドロップ(ボードを縦にして滑る)
  1. 前足(レギュラーなら左足)に少しだけ体重を乗せる
  2. 回っていきたい方向に目線を先行する

これだけで、自然とスノーボードの先端(ノーズ側)が斜面下へと向かって回り始めます。

このとき注意したいのは次の2つのポイントです。

  • 体をひねって回すのではなく、体重移動と目線の先行だけでボードを回す
  • どうしてもボードが回らない時は前の手で進む方向を指さす

トゥ側ができたらヒールエッジに乗った状態からのノーズドロップ

ヒールエッジからのノーズドロップ

ヒールエッジに乗った状態では、自分の体は谷側(斜面下)を向いています。ここから滑り出すと谷に向かって身を投げ出す感じになるため、最初はちょっとだけ怖いかもしれません。

怖いのでお尻が出て腰が引けた状態になるのが、よくある失敗例。それを防ぐために次のポイントを意識します。

  • 少し胸をはる
  • 前の手で進行方向を指しながら背中をそらせる意識を持つ

これでへっぴり腰を防止できます。試してみてください。

ノーズドロップの練習をする前に、次のステップ「直滑降からの停止」を読んで理解しておいてください。ノーズドロップで滑り出したら、止まる必要があるからです。

『横滑り』があるので『縦滑り』があると思われがちですが、斜面方向に真っ直ぐ滑るのは『直滑降(ちょっかっこう)』と呼ばれます。スノーボーダー的には『チョッカリ』と言えば上級者っぽく聞こえるかもしれません。

用語を覚えてもうなくなりませんが、スクールに入ったときなどは、正しい用語を覚えておいた方が話が通じやすいかもしれませんね。

どうやって止まるか考えておこう「直滑降からの停止」

停止するためにはボードをもう一度90度回転させて、サイドスリップの状態に戻す必要があります。

上の動画でわかるように、稲川代表は直滑降状態からボードを90度回転させて停止しています。

コツは2つあります。

  1. 少し前足に体重を乗せる(後ろ足にかかる荷重を弱める)
  2. 後ろ足を降り出すことでボードを90度回転させる

この動作でボードはサイドスリップと同じ状態になります。エッジングを強めれば停止するとこができます。

停止するタイミングは早めが正解です。ノーズドロップで直滑降をはじめると、すぐにスピードが乗ってきます。直滑降し始めたら早めに停止動作に入るようにしましょう。

ここまで読んで「やっぱりノーズドロップは難しい」と感じる人のために、以下の記事を制作しました。木の葉落とししかできない人がノーズドロプできるまでをガッチリ解説しています。

いよいよコの字ターンに挑戦。これもヒールエッジ側から練習開始

コの字ターンの完成イメージ(スノボでの初めてのターン)

いよいよ今回の最終目標「コの字ターン」にチャレンジします。コの字ターンは、ココまででマスターしたテクニックの組合せでできてしまいます。

最大の難関であるノーズドロップや、直滑降からの停止はすでにマスターしていますから、コの字ターンは必ずできます。

コの字ターンは次の手順で完成します。イメトレしてみてください。

  1. サイドスリップで横滑り(斜滑降)
  2. ノーズドロップ
  3. 直滑降から停止
  4. 逆側のエッジで斜滑降

最初はこれでOKです。そしてうまくできるようになったら、③の停止部分を飛ばして、スムーズに④の逆側エッジの斜滑降に入れるようにしてみてください。

(動画 コの字ターン)

文章で説明すると長いのですが、ここまでの練習は1日あれば十分できてしまいます。プリンターが使える場合は、記事の最後でダウンロードできるまとめシートを持って出かけてください。ポケットに入れておくと練習の手順がわかります。

ここまでやってみて、どうしても1日でできなかった! という人は、用具を見直してみるという手もあります。

バインディングの着脱で萎えた ステップインもしくはFLOWバインディングに!
板がいうことを聞いてくれない 柔らかくて扱いやすい高品質ボードに交換!
ブーツのカカトが浮いて靴ずれ サーモインナーのDEELUXEブーツにする!

余力があればスライドロングターンに挑戦

コの字ターンができたら、スノーボードが楽しい!と思えるはず。もしまだ日程に余裕があって、練習を続けられるようなら、ワンランク上のターンにも挑戦してみてください。

コの字をCの字に近づけて、丸い弧を描くことができると、もっとかっこいいターンになります。

スライドロングターンは別名ドリフトターン(ドリフトロングターン)といいます。体の回転=ローテーションを使ってターンします。

詳しくは別記事で解説していますが、コの字ターンがうまくなってきたら、スライドロングターンに挑戦してみてください。

  • この記事を書いた人

立石秀彦

元雑誌『SnowBoarder』編集長。スノーボードがうまくなるハウツー系記事が好きです。

-スノーボード上達, 初心者向け