https://snowboard50.com

スノーボード上達 初心者向け

スノボは「基本姿勢」では滑りません!滑走中のフォームは基本姿勢と違っていたのです!

基本姿勢通りに滑れない!?

その悩みは正解です。実は僕たちは基本姿勢で滑っているわけではないのです。

左が「基本姿勢」。でも、ターン中は違う姿勢になっていますよね? これを「ターンポジション」と呼びます。

ターンポジションは、「ターン中にこうなってるとイイよ!」という姿勢のこと。

あれ? じゃぁ、基本姿勢を覚えただけでは滑ることができませんね

基本姿勢で滑っているのにうまくいかないなー。

という人は、この記事で解説している「ターンポジション」もマスターしましょう! ターンポジションは、いうなれば滑走中の基本姿勢です。

今回も解説してくれるのはスノーボードが超うまい!妙高山スノーボードスクール代表の稲川代表です!

初心者が1日でターンするための解説記事は、以下から読めます。稲川代表の実演&解説です。

えーっ!?今まで信じていた「基本姿勢」って何?

ハーフパイプの中での滑走姿勢

基本姿勢と聞くと、スノーボードで滑るための姿勢なんだなと思ってしまいがちです。

でも、ここまでで、スノーボードで滑走しているときには基本姿勢じゃないんだよ! ということがわかりました。

では、基本姿勢って何なのでしょうか?

ざっくり言うと、それは「どんな方向にも動ける中間姿勢」のことなのです。

ポイント

よくいわれる「基本姿勢」は滑っている時の姿勢ではなく「中間姿勢」なんだ! と考えましょう。中間姿勢が上手に取れるようになれば、いろんな滑りに対応できるということです。

とりあえず!初めてのスノボは基本姿勢からスタートしよう

一般的に言われる基本姿勢
一般的に言われる基本姿勢

これからスノーボードをはじめよう! という人は、まず平らな場所で基本姿勢を練習するところからスタートしましょう。基本姿勢が身につけば、ターンの中で必要なポジションが取れるようになるからです。

  • 平らな場所で両足のバインディングを付けます
  • ボードのまん中に、自然な感じで立ちましょう
  • 両手を軽く広げてバランスを取ります
  • 進行方向を見て、ヒザを軽く曲げてリラックス

こんな感じで立てたらOK。

スノボンヌ博士
でも滑っている間ずっと基本姿勢ではありませんよね。基本姿勢は「どんな方向にも動ける中間姿勢」でした。

練習しよう!基本姿勢で前後・上下に動いてみる

そこで、基本姿勢の練習をするときは、下の動画のようにボードのまん中から外れない範囲で、上下や前後に動いてみます。

色々と動いてみる時には「基本姿勢から上下・前後に動くけれど、ポジションのセンターはボードのまん中から大きく外れない」ということを意識しておいてください。

木の葉落としの時「基本姿勢」はどうなってる?

では、木の葉落としの時の「基本姿勢」はどうなっているか見てみましょう。

あれ! 進行方向の足に荷重してますね。これは「いわゆる基本姿勢」ではありませんが、基本姿勢から上下・前後に動いてみた練習のポーズと同じです。

まだ木の葉落としはこれから挑戦するよ! という人はこの動画でイメトレしておきましょう。

木の葉落としはもうできるよ! という人も、こんな動きができているかチェックしてみてください。

詳しくは別記事で解説していますが、木の葉落としというのは、ボードを横に向けたまま進んでいくサイドスリップから、ちょっと進化したテクニックでしたね。

サイドスリップしながら右や左に進み、ジグザグに山を下りてくるのが木の葉落とし。

ポイントは4つあります。

  • 山側のエッジに乗ったままリラックスしてヒザをゆるーく
  • 滑りたい方向の足に少しだけ体重を乗せる
  • 滑りたい方向を見る
  • 体が視線につられて少し進行方向に開く……

するとボードが進行方向へ進み始めます。サイドスリップしながら進行方向へ進む感覚です。

止まりたい時は体(荷重)を元のポジションに戻し、ゆっくり停止してください。そしてまた反対方向に少しだけ体重を移動して進みます。すると、ジグザグに斜面を下りてくることができます。

木の葉落としを覚えると、けっこう急な斜面でも安全に下りてくることができます。

「山側」というのは斜面上の方、「谷側」というのは斜面下の方をさします。

ドリフトターンの時「基本姿勢」はどうなってる?

ターンポジション
ターンポジション

ドリフトターンというのは、スノーボーダーがまず覚えておきたい「板をずらしながら回る」ターン方法。

ターン中の写真を見ると、いわゆる「基本姿勢」ではなく、ターンポジションを取っていることがわかります。

基本姿勢というのは、

  1. ボードのまん中に自然に立つ
  2. リラックスして少し膝を曲げる

という姿勢でした。ターン中はここからリーンアウトといって、ボードの傾きにあわせて体を傾ける姿勢になります。

スノボンヌ博士
リーンアウトは意識しすぎず、ターン中、ボードの角度に対して自然に傾きをキープするようにしましょう。

また、リーンアウトと同時に、少し低い姿勢になりヒザを曲げていきます。その時頭を下げるのではなく、胸のあたりをヒザに近づけるように意識して、体を低くしていきます。

ポイント

基本姿勢とは、こういったターンポジションに入りやすい、中間のポジションということです。

滑走中、ずーっと基本姿勢を取っているわけではありません。「基本姿勢というのは動き出しやすい、ニュートラルなポジションなんだ」と考えましょう。

そこまで理解できてから、もう一度平らな場所で、基本姿勢を取ってみてください。前や後ろに動きやすいか? 上下に動きやすいか? 自分がボードの上でスムーズに動けることが確認できたら、基本姿勢はひとまずOK!

一般的にはドリフトターンという用語が使われていますが、JSBA(日本スノーボード協会)的には「スライドターン」が正解。今後はドリフトでなく、スライドと呼ばれるようになっていくはずです。

編集部からの補足とまとめ

どんな時でもボードのセンターに乗ることが大切

実は「基本姿勢」は1つではありません。この記事では2つの重要な姿勢を紹介しました

いわゆる「基本姿勢」と滑っている時の姿勢「ターンポジション」です。

でもターンポジションなど、滑っている時のポジションには、もっともっとたくさんのバリエーションがあります。

この写真はスーボードクロス競技中の選手のポジション。高速に耐えるために、ものすごく低い姿勢を取っています。でも、ボードのセンターに乗っていますね。

この写真はキッカーにアプローチする選手の写真。バックサイド方向にスピンするために、ヒールエッジにひっかけていますが、ちゃんとボードのセンターに乗っています。

ポイント

基本姿勢は、言われた姿勢ができたら正解ではありません。滑っている時、常にボードのセンターに立ち続けられたら正解、と考えましょう。

この記事の解説をしてくれたライダーを紹介

稲川代表が書いた本もたくさん出版されています

この記事は、妙高高原スノーボードスクール代表の稲川光伸さんに解説をお願いしました。雑誌『SnowBoarder』時代から、私たちが信頼を寄せてきた、スノーボードの技術が非常にすぐれたライダーです。

稲川光伸

JSBA第3期・第4期・第5期デモンストレーター、元JSBA プロ、JSBA妙高山スノーボードスクール 代表、JSBA月山スノーボードスクール 代表、JWSC全日本ウィンタースポーツ専門学校講師、チームアルビレックス新潟所属

スポンサー:OGASAKA SNOWBOARDS、PeakPerformance、DEELUXE、FluxBindings、HESTRA、SMITH、SUPERfeet、GALLIUM、applerind、スノサウルス


  • この記事を書いた人

立石秀彦

元雑誌『SnowBoarder』編集長。スノーボードがうまくなるハウツー系記事が好きです。

-スノーボード上達, 初心者向け