カービング スノーボード上達

後ろ足の使い方を知り、ズレないカービングターンをマスターしよう!

スノーボード カービングターン フロントサイド

スノーボードでカービングターンをしているつもりなのにテールがズレる……。

それ、ターン時の後ろ足の使い方が間違っているのかもしれません。

後ろ足の意識がイマイチわからないという方向けに、妙高山スノーボードスクールの稲川光伸校長が『後ろ足の使い方』を伝授してくれました。

ヒールサイド、トゥサイド、それぞれで後ろ足の使い方が異なるので、しっかり理解して実践していきましょう。

実際にトライする場合には、直滑降からのJターンや斜滑降からのCターンで練習するのがオススメ。

いきなり連続ターンではなく、ターンの後半で後ろ足を使いながら『キレ』を意識するところからスタートします。

しっかり後ろ足で押さえるテクニックを地道な練習で習得し、テールがズレない、きれいな弧を描くカービングターンをマスターしましょう。

そもそもカービングターンに自信がない!という場合には先にこちらの記事を確認してください

この記事の解説をしてくれたのはスノーボードインストラクター歴25年の大ベテラン、稲川光伸さん。
稲川さんは元JSBA公認デモンストレーターでもあり、また、元JSBA公認プロスノーボーダーでもあります。
執筆は元JSBA公認プロスノーボーダーで、公認校でのインストラクター経験もある渡部ルミが担当します。

後ろ足、基本理論

スノーボード カービングターン バックサイド

スノーボードでは前足がターンのはじめになって、後ろ足がターンの終わりになるのが基本。

ターンでは前足で舵取りし、そこに後ろ足がついてきます。

カービングターンの場合には前足と後ろ足が同じラインを通過して、ターンの弧が美しく半円になるのが理想。

ターン中、スノーボードのエッジが立つ方向に対して後ろ足の力の入れ具合が弱いと、スノーボードを押さえきれずにテールがズレてしまいます。

しっかりとキレのあるターンをしたい場合には

  • 前足でスノーボードが進む方向を決める
  • 後ろ足が前足と同じラインを通るようにする
  • 後ろ足でしっかり板を押さえ、ズレないようにする

これが重要なポイントです。

後ろ足の使い方

では、実際にカービングターン時にスノーボードがズレないようにするには、具体的に後ろ足をどう意識し、どう使えばいいのか。

テールのエッジがズレずにカービングターンができる方法を考えてみましょう。

ヒールサイドではヒザを内側に絞る

スノーボード 後ろ足の使い方 ヒールサイド

ヒールサイドの場合にはターン中に後ろ足のヒザを内側に絞るのがポイント。

まず、両足のつま先を引き上げて足首を曲げることでエッジが立ちます。

エッジが立ってカービングターンになっているときに、後ろヒザを内側に絞る意識をしてみてください。

後ろヒザを意識するとカカトの内側に荷重点が移動します。

このポイントにしっかりと荷重をしてテールを押さえることで、ズレの少ない、キレの要素が強いカービングターンができます。

ヒザの意識は後ろ足の内モモの筋肉を使うとうまくイメージできます。

ポイント

まずはからだを倒したり、ハイバックに頼ったりするのではなく、足首を使ってエッジを立てる動作が必要です。

つま先の引き上げを強く意識した上で後ろ足をうまく使いましょう。

トゥサイドの場合

スノーボード 後ろ足の使い方 トゥサイド

トゥサイドでは後ろヒザがターン方向に曲がるので、ヒザをしっかり曲げて後ろ足のブーツのタンの部分に荷重します

後ろ足のブーツを折り曲げる感じで膝を曲げるとうまく力が伝わるでしょう。

その上で内側にヒザを入れて少し絞ります。

さらに後ろヒザだけでなく前ヒザも絞り、ヒザとヒザをくっつけるようなイメージで滑る。

そうするとボードがしなりやすくなり、エッジの安定感が増します。

ポイント

ヒザをくっつけることに意識が行き過ぎると、力が逃げてエッジが立ちにくくなります。

めいっぱい後ろ足のスネをブーツに押し付けるように荷重することを忘れずに。

足首をしっかり曲げていければヒザも曲がり、エッジングが安定します。

後ろ足NG集

ヒールサイドで棒立ちになってしまう

ヒールサイドでつま先の引き上げがうまくできないと、からだが真っすぐ伸びてしまいます。

からだが伸びると腰の位置が前足に寄ってしまい、テールから力が逃げてしまいます。

テールから力が逃げてしまうとスノーボードはズレてしまい、きれいなカービングターンができません。

トゥサイドでつま先立ちになってしまう

トゥサイドでエッジを立てようとしたときに、からだを倒すことを意識しすぎてしまうと、内倒して重心がセンターから逃げてしまいます。

つま先立ちになってしまうとヒザがしっかり内側に入らず、荷重ポイントが合わなくなり、エッジが立ちにくくなります。

バレリーナのようになってしまうのはNGです。

まとめ

スノーボード カービングターン トゥサイド

カービングターンでスノーボードをズラさずににしっかりと弧を描くには、ヒザの意識が重要。

  • ヒールサイドではつま先を引き上げて後ろヒザを絞る
  • トゥサイドでは後ろスネをブーツに押し付けて両ヒザを少し絞る

これを意識するとカービングターンのキレが飛躍的にアップするでしょう。

後ろ足上手はカービングマスターへの近道。

しっかり練習して気持ちの良いカービングターンを楽しんでください。

ズレの少ないカービングターンができるのは最高に楽しい!

この記事を解説してくれたライダー

スノーボードでビッテリーターンをする稲川光伸

この記事を解説してくれたのはOGASAKA SNOWBOARDSのライダーで、CTなどの製品開発にもかかわっている稲川光伸さん。

妙高山スノーボードスクール・月山スノーボードスクールのふたつのスクールの代表であると同時に専門学校の講師でもある、スノーボードレッスンのプロ中のプロです。

YouTubeでもハウツー動画を展開しているのでチャンネル登録必須!

早期予約特典アリ
¥94,600 (2022/06/17 08:56時点 | 楽天市場調べ)
\5と0のつく日ポイントアップ/
楽天市場

稲川さんのレッスンが受けられるスキー場

  • 赤倉温泉スキー場
  • 赤倉観光リゾートスキー場
  • 月山スキー場
  • 乗鞍大雪渓
  • ふじてんサマーゲレンデ

レッスンやキャンプの最新情報は公式ウエブサイトでチェック!

稲川さんのセッティング

スタンスレギュラー
スタンス幅58cm
前足のアングル27°
後ろ足のアングル

稲川光伸

JSBA 第3期、第4期、第5期デモンストレーター

元JSBA公認プロスノーボーダー

JSBA妙高山スノーボードスクール 代表
JSBA月山スノーボードスクール 代表

JWSC全日本ウィンタースポーツ専門学校 講師

チームアルビレックス新潟所属

スポンサー

OGASAKA SNOWBOARDS
PeakPerformance
DEELUXE
UNION bindings
HESTRA
SMITH
BMZインソール
GALLIUM
applerind
スノサウルス

稲川光伸 OFFICIAL BLOG

  • この記事を書いた人

渡部ルミ

元JSBA公認プロスノーボーダー。かつてはインストラクター資格も保有し、JSBA公認スノーボードスクールに勤務。スノーボードデビューは1994年。

-カービング, スノーボード上達