https://snowboard50.com

板と道具

【スノボ】初心者のための板選び。プロやメーカーが勧める5本から選べば間違いなし!

この記事では、初心者でも押さえておきたいスノーボードの知識と選び方を解説しています。全部読む時間がない人は、下の表だけでも見ておいてください。

迷ったらこんな板を買え!
長さ 身長マイナス15~20cm
形状 ディレクショナルツイン
硬さ やわらかいもの
スノボンヌ博士
とはいえ、実際には細かい注意点や例外などがたくさんあります。ぜひこの記事で、さまざまな角度からボード選びを考えてみてください。

記事後半では、近藤勇次郎プロや藤沼到プロからのアドバイスも掲載しています!

CHECK!おすすめボードをすぐに見る

初心者の方で「どんな板を選んだらいいかわからないけど、いろいろ考える時間がない!」という場合、まずはここで紹介しているボードの中から選んでみましょう。

スノーボード選びの前に考える「スタイル」とは?

「スノーボードでどんなことがしたいんだろう?」と、今決める必要はぜんぜんありません。ただ、何ができるのか、どんなスタイルがあるのかを知っておくと、板選びが楽しくなります。

フリーラン(カービング)

フリーラン

最近ちょっと影が薄い気がしますが、ゲレンデでターンを楽しむのもスノーボードのスタイルのひとつ。スノーボードはキレのあるカービングターンに向いているため、気持ちのいいターンを体験して、やみつきになる人もたくさんいます。

スノーボードはスキーにも影響を与え、カービングスキーというジャンルが生まれるきっかけになりました。

グラトリを練習する前に、ある程度しっかりとターンをマスターしておいてもいいと思います。

フリースタイル

スケートボードやサーフィンに通じるヨコノリスポーツのスノーボードには「遊び」の要素もたくさん詰まっています。

フリースタイルはそんな遊びから発展していき、競技としても確立されていったジャンルです。

グラトリ(グラウンドトリック)

最近人気が高いグラトリ(グラウンドトリック)ですが、実はけっこう昔から盛り上がっていました。

今はグラトリブームを受けて、柔らかくて軽い板がたくさん出ています。各メーカーもグラトリに焦点を当てて、扱いやすいボードをリリースしているので、たいへん選びやすくなりました。

グラトリに向いているけど、ある程度カービングターンにも対応できるボードを選んでおくと、うまくなった時に応用がききます。

ジブ(ジビング)

人工物に当て込むジブも、スノーボードらしいスタイルです。一般的にはレギュラーでもスイッチでも滑りやすい、ツインチップのボードを選びます。フレックスは柔らかめのほうがいいですが、オーリーの高さを出すために部分的にカーボンを入れて反発を高めたモデルを選ぶ人もいます。

ダリングといってエッジを丸めることも多く、一本の板でジブとキレのあるターンを両立するのは難しいかもしれません。

スロープスタイル

スロープスタイルは、ある意味もっともスノーボードらしい競技といえます。何種類かのキッカーやジブアイテムを設置したスロープ(斜面)全体をつかい、技を表現する競技です。スノーボードのいろんな楽しみ方が詰まっているのが最大の魅力です。

競技として観戦するのもおすすめです。選手の総合的な能力がわかり、上位選手のすごさを体感できるはずです。

facebookでFIS Snowboardingをフォローしてみよう! いろんな大会の映像が楽しめます。

ハーフパイプ

円筒を半分に切ったような形のコースを滑り降りながら、何種類かの技を決めて点数を競う競技がハーフパイプ。早くからオリンピックの種目に採用されて有名になりました。

選手だけがやるマニアックな競技と思われがちですが、そういうわけではありません。ゲレンデの斜度変化を極端にしたものがハーフパイプなので、パイプを滑ってみると、ゲレンデでの滑りが上達します。

ジブやグラトリよりも硬めのボードで、カービング性能も高いモデルが適しています。

オールマウンテン(バックカントリー)

ゲレンデだけでなく、山全体をすべるオールマウンテンスノーボーディング。雪崩や遭難の危険があり、誰にでもおすすめできるものではありませんが、スノーボードのすべての魅力が詰まった、すばらしい体験ができます。

いつか優秀なガイドさんが見つかったら、チャレンジしてほしいなと思います。

スノーボードの形状と向いているスタイル

スノーボードの形状を見るときは、

  1. 真上から見たシェイプ
  2. ソールの形状

という、2つの視点があります。①と②を組み合わせることで、いろいろなバリエーションの滑りに対応することができる、さまざまなスノーボードが作られています。

シェイプは主に3種類

スノーボードのシェイプは主に3種類。ディレクショナルシェイプ、ツインチップが基本で、ツインチップ形状ながらビンディングを付ける位置をやや後ろにずらしたディレクショナルツインというタイプもあります。

ディレクショナル

ディレクショナルは、前と後ろがある程度はっきりしていて、前向きに滑ることを重視しています。もちろんスイッチ(後ろ向きに滑る)も問題なくできますが、それよりも前に進むことを重視している、という感じです。

ディレクショナルシェイプのボードはバランスがよく、ある程度何でもこなせるので、初心者が初めて買うスノーボードにも適しています。

ツインチップ

前後が対象な形で、どちら向きにもスムーズに滑ることができます。スイッチライディングが必須となるグラトリ、パークなどのフリースタイル系に向いています。板の性格としては、遊びの要素が強いモデルが多いのも特徴です。

スイッチとは本来のスタンスと逆向きに滑ることで、フェイキーとも呼ばれます。

ディレクショナルツイン

前後対称のツインチップ形状でありながら、ややスタンスを後ろにセットバックすることで、フリーラン時の滑走性を高めています。ゲレンデのフリーランからパークやハーフパイプまで、幅広く対応できるモデルが多くラインナップされています。

グラトリ全盛の今だったら、初めての1本にディレクショナルツインのボードを買ってみてもいいのでは? と思います。

パウダー(新雪)を滑ったり、スノーボードスクールでしっかり基礎を練習したいという希望がある場合は、ディレクショナルシェイプのモデルにした方がいいかもしれません。

ソールの形状によって向いているスタイルが異なる

Wキャンバーに近いソール形状のBLACK FLAG DW

ここまではボードを真上から見たときの形について考えました。ここからは、ボードを真横から見たときの、ソールの形状の話です。かなりたくさんのバリエーションがありますが、ここでは代表的な4つの形状を解説します。

キャンバータイプ

もっともスタンダードな形状です。平らな場所に置いて真横から見たとき、ノーズ付近とテール付近の2か所で接雪し、まん中がアーチ状に浮いています。このアーチに荷重をかけたときにしなりが生まれ、高い反発力が得られます。

エッジがよく効くので、カービング性能が高い形状ともいわれます。

ロッカー

ボードのまん中で接雪し、ノーズとテールにかけて反りあがっている形状です。メリットは主に2つあります。

ひとつはパウダーでの浮力が得られること。もうひとつはエッジの引っかかりが少なくなり、初心者でも操作がしやすいこと。そのため初心者向けモデルにも採用されています。

フラット

イメージとしてはキャンバーとロッカーの中間。ロッカーよりもエッジグリップがよく、高速で安定します。メーカーにより「フラットロッカー」「フラットキャンバー」などとも呼ばれます。

どちらかというと上級者モデルに多く、初心者が選ぶことはあまりなさそう。

ダブルキャンバー

足下に2つのキャンバーを配置したような形状です。キャンバーの反発力とロッカーの操作性を両立させるために考えられた形状で、取り回しやすくターンもしやすいのが特徴です。

初心者向けのモデルにもよく採用されています。

その他の形状

その他にもキャンバー、ロッカー、フラットを組み合わせたさまざまな形状があります。たとえばYONEXのACHSEなどは接雪する部分をフラットにしたイージーライド・キャンバーという形状を採用しています。

形状だけですべて判断できるわけではなく、メーカーはさまざまな要素を組み合わせて初心者にも乗りやすい板を開発しています。

シェイプ(形状)以外に気にしておきたい硬さと長さ

買うべきスノーボードを考える上で、どうしても避けられないのが「硬さ」です。ボードをねじったときの硬さをトーションといいます。

それに対してボードを上から押してみたときの硬さをフレックスといいます。

現在のスノーボードでは、ボードの部分ごとにフレックスやトーションが違っていたりするのですが、そのへんをまとめてざっくりと「フレックスが柔らかめ」かつ「トーションが柔らかめ」というモデルを選びましょう。

レベルに応じた適切なフレックス・トーションのボードを選んだ方が上達が早く、なにより楽しく滑ることができます。

メーカーカタログなどで、適正体重も見ておきましょう。「柔らかい方がいい」というのは間違いないですが、自分の体重やパワーに耐えられないほど柔らかいと、それはそれで滑りにくいからです。

長さは身長マイナス15~20cmくらい

藤沼到プロ

ボードの長さに関しては、藤沼到プロが実演しながら教えてくれたのが「鼻とアゴの間くらいの長さを選ぼう」という基準。これはよくいわれることですね。

ただ、身長180cmの近藤勇次郎プロは「背が高い人はもうちょい短めでもいいのかな?」と考えています。勇次郎プロと同じくらいの身長の人なら、身長マイナス20cmくらいで考えてもいいでしょう。

逆に身長150cm前後の人であれば、137cm~139cmくらいをチョイスすることになります。それ以上短くなるとキッズボードになってしまうので、ちょっとおすすめできません。

キッズボードは子ども用に設計されているので、大人にはおすすめできません。

迷ったらこの板を買え!おすすめボード5モデル

この記事のために、プロスノーボーダーやメーカーのスタッフさんに「初心者でも乗りやすいおすすめの板」を教えてもらいました。

ここにラインナップしたのは、各メーカーが推すテッパンのモデルです。迷ったらこの中からチョイスすればハズレはありません。

YONEXの社員さんが推すACHSE(アクセ)

YONEXのACHSEはセンターのフレックスをかなり柔らかく設定し、初心者にも取り回しやすい設計に。しかもノーズとテールにカーボンリボンを入れることで、オーリー・ノーリーの反発力と、カービング時の安定性を確保しています。

ユニセックスのモデルで139cmから154cmまで幅広いレングスが用意されているので、自分にあったサイズが見つかります。

ACHSEのフレックス・トーションをさらに柔らかくした女の子モデルのGROWENTもあります。自分のペースでスノーボードを楽しみたい女の子は、こちらをチョイスしてください。

このサイトの編集をしている立石も渡部も、YONEXのスノーボードは結構乗ってきました。思い通りに動いてくれるいいボードが多いと思います。

モリヤマスポーツ楽天市場店
¥78,210 (2021/09/21 13:23時点 | 楽天市場調べ)

※上記リンクは予約販売です。

近藤勇次郎プロが推すDEATH LABELのBLACK FLAG DW

近藤勇次郎プロのアドバイスは「柔らかくて適正な長さを選ぶ」こと。DEATH LABELでいえば、BLACK FLAG DWというモデルがおすすめです。

137cmから154cmまで、5種類のレングスが用意されているので、自分に合った長さがチョイスできます。少ない力でもコントロールできるソフトフレックスと、グラトリやジブにも対応したローキャンバーという形状で、「これからうまくなりたい!」という人の力になってくれます。

海外ブランドと勘違いする人が多いのですが、DEATH LABELは国産ブランドです。グラフィックのかっこよさがそういう勘違いを生んでいるのかもしれません。

なかでもBLACK FLAG DWは「初心者でもかっこいい板に乗りたい」という人におすすめです。品質も安定しているので、安心してチョイスできます。

近藤勇次郎プロはスタイリッシュなライディングが魅力。どちらかといえば玄人好みなライダーかもしれないですが、ファンも多いんじゃないかと思います。DEATH LABELはスノーボードをこよなく愛する大川社長もいい感じなんですよ。

BREAKOUT
¥58,410 (2021/09/21 15:42時点 | 楽天市場調べ)

※上記リンクは予約販売です。

細野大輔さんが推すHEADのANYTHING(メンズモデル)/EVERYTHING(レディスモデル)

細野さんが推すANYTHING(エニシング)は初心者でも扱いやすいスペックのボードです。「ガチガチに基礎をマスターしたい」というより、さまざまな地形やアイテムを利用してゲレンデをクルーズするようなスタイルに向いています。

ダブルキャンバーとフラットを組み合わせたHYBRID CAMBER DCT 2.0という形状で、もともとグラトリやジブに向いている板に、カービング性能をプラスしたような設計になっています。

同じコンセプトで作られたEVERYTHINGという女の子モデルとあわせて8種類のサイズから選べるのもポイントです。また、ある程度上級者になっても使える、バランスのよさも魅力です。

細野大輔さんは元プロスノーボーダーで、現在HEADスノーボードを販売する会社の社員さんです。HEADもブランドの信頼性が高いですから、安心して選べますね。

※上記は旧モデルです。21-22モデルが発売され次第リンクを訂正しますので、しばらくお待ちください。

カスタムプロデュースの社員さんが推すCAPITA DOA

CAPITA(キャピタ)は世界最先端ともいわれる自社工場で、100%水力で生み出した電力だけを使ってスノーボードを製造する、環境に対して非常にクリーンなスノーボードメーカーです。

なかでもカスタムプロデュースの担当社員さんがおすすめしてくれたDOAは、ものすごく人気の高い定番モデル。つまり純粋な初心者向けのボードではありません。

でもソフトフレックスで乗りやすく、かなり凝ったハイブリッドキャンバー仕様で、操作性も抜群。初心者にも乗りやすく、うまくなってからもずっと使い続けられるボードです。

体力や運動神経に自身がある人なら、このボードを選んでおいてもいいんじゃないかな、と思います。

「今は初心者だけどオレはうまくなる予定なんで」という人はこのボードにしてください。ボードと一緒に成長できます。

BREAKOUT
¥67,320 (2021/09/21 15:42時点 | 楽天市場調べ)

※上記リンクは予約販売です。

藤沼到プロが推すKEMPER RAMPAGE(ランページ)

1990年代に独特のグラフィックで一世を風靡したKEMPER(ケンパー)というブランドが、再び盛り上がりを見せています。

このサイトでもよく登場してもらう藤沼到プロはKEMPERの契約ライダー。到くんが乗っているのはFREESTYLEというモデルですが、初心者の方にはRAMPAGEを推してくれました。

RAMPAGEは柔らかめのフレックスにロッカーベースのダブルキャンバーを採用。扱いやすいのですが、足下のキャンバー部分がしっかりと雪をグリップしてくれるので、ゆくゆくはカービングに挑戦したい……という人でも安心です。

レングス(長さ)のバリエーションはちょっと少なめ。日本ではまだ店頭で見かける機会も少なめなので、自分にバッチリ合う長さが見つかったら即買いしておきましょう。

KEMPERといえば老舗中の老舗ブランド。1990年代(古いか)は「ライバルのあいつがBURTONに乗ってるから、オレはSIMSかKEMPERだな」的な世界でした。そんなブランドが現代によみがえった感じですね。

ムラサキスポーツ楽天市場店
¥79,200 (2021/09/21 15:42時点 | 楽天市場調べ)

※上記リンクは予約販売です。

  • この記事を書いた人

立石秀彦

元雑誌『SnowBoarder』編集長。スノーボードがうまくなるハウツー系記事が好きです。

-板と道具