スノーボード上達 初心者向け

スノボでフェイキーからのFS180(ハーフキャブ)をマスター【グラトリ初級】

この記事ではハーフキャブを解説しています

スノーボードのグラトリが少しできはじめた!

そんな時、次にマスターしたいワザが「ハーフキャブ」。フェイキーからしかけるトリックなので難易度が少し上がるのですが、その分メイクできた時のうれしさは特大!

ハーフキャブはフェイキーからのオープン180です。

この記事では、「グラトリで簡単なスピン系トリックはできるよ」という人を対象にしています。まだの人は、まず以下の記事を参照してください。

ではさっそくフェイキーを練習し、続いてハーフキャブを攻略しましょう!

グラトリ必須テク「フェイキー」をマスターする

この記事ではハーフキャブに挑戦しますが、その前にフェイキー(スイッチ)ランをマスターしておく必要があります。

フェキーとは普段のスタンスと逆向きに滑ることを指す用語です。

フェイキーは多くのトリックで必要になる重要な技術なので、ぜひ日頃から滑りの中に取り入れてみてください。

まず最初にフェイキー(スイッチ)ライティングの基本姿勢を確認しておきましょう。

  1. 前脚は無理にひねらず本来のスタンス通りで
  2. 上半身はむしろひねっていき前を向くイメージ
  3. 最初のうちは目線でリードすることを忘れずに

このあたりが最重要ポイントです。

スノボンヌ博士
それでは細かく見ていきましょう。

下半身は本来のポジションを変えない

フェイキーで進行方向にくる足(本来の後ろ足)は、レギュラースタンスの時とは違い、ヒザを進行方向に向けたり、絞ったりしません。

スノボンヌ博士
ビンディングの角度に逆らわず、自然なスタンスで滑ります。

このときの体重配分は前3:後7、もしくは前4:後6くらいで、やや後ろ側に体重を残します。

下半身はレギュラースタンスから大きく変えず、しっかりと安定させる。

上半身は少し前向きにひねっておく

一方上半身は、ある程度進行方向に向けてひねっていきます。

前側の腕や肩を、背中のほうへ少し回していくイメージです。

この時アゴを進行方向の肩に軽くつけるようにすると、上半身が進行方向を向き、また視野が広がります。

上半身は普段と逆方向に向けてフェイキーの姿勢を作る。

目線でターンをリードする意識を持つ

スノーボード初心者の頃、ターンの練習中に「目線を遠くへ!」と教えられたはずです。

フェイキーに慣れない間は初心に戻って、もう一度目線を強く意識するようにしてください。常に目線でターンをリードしながら滑ります。

初心に戻って目線を意識する。

軸を常にボードの中心に置き土踏まずで板を踏む

ターンをしているときは体の軸がボードに対して垂直に、またボードの中心にくるように意識します。

両足の土踏まずでボードをしっかりと踏むように意識すると安定します。

うまくいかない時は一度レギュラースタンスに戻して滑ってみて、その状態での「目線の動き」や「板を踏む足の動き」、「上半身の使い方」を確認します。そこで確認した内容を意識しながら、もう一度スイッチスタンスで滑ってみましょう。

両手でバランスをとる意識を持つ

レギュラースタンスではできていてもスイッチスタンス(フェイキー)になると、両手でうまくバランスが取れていないことがあります。

スイッチだとどうしても肩に力が入り、腕を小さく絞ってしまいがちだからです。

そこでもう一度両手を広げて、手を使ってバランスを取るイメージを持つと、ライディングがスムーズになります。

フェイキーからのフロントサイド180(ハーフキャブ)に挑戦

ハーフキャブの動き

フェイキーからのフロントサイド360をキャバレリアル(キャブ)といいます。

フェイキーからのフロントサイド180はその半分なのでハーフキャブと呼ばれます。このワザができると、グラトリ初心者からワンランクアップできます。

ハーフキャブの手順

【1】足首と股関節をしっかりと曲げることで低い姿勢をとります。

頭やお尻がボードから大きくはみ出すことがないように注意してください。

【2】目線を着地するポイントに向けたまま、直滑降の姿勢から進行方向側の腕を背中側に開いて行きます。また、このタイミングで伸び上がりながらオーリーの体勢にはいります。

カカトまたはトゥーサイドのエッジで踏み切ります。

この写真はトゥー踏切りです。

またオーリーの瞬間は、真上に飛ぶ意識でジャンプします。

【3】ヒザを曲げて足を引きつけながら、前後の足を入れ替えるようなイメージでボードを回し込んでいきます。

【4】空中で下半身を抱え込むようなイメージで両足を引きつけ、ボードを回します

ハーフキャブは本来のスタンスに戻ろうとするスピンなので、比較的簡単にボードが回ってくれます。

【5】両足同時に着地するように意識して、ソール全体で雪面をとらえて着地します。

【6】上半身の動きを止めて回転をコントロールし、着地します。トリックの全体を通して、目線は常に進行方向に送っておきます。

トゥー踏切りかヒール踏切りか?

最初はヒール踏切りの方が回しやすいかもしれません。ヒールエッジで踏切る場合は、オーリーの時にボードがズレても、そのまま回し込めばいいからです。それに対して、写真のようにトゥー踏切りの場合は空中で180度きっちりと回し込む必要があります。トゥ踏切りのほうがクリアでかっこいい印象になります。

ヒール踏切りについては、以下の記事(FS180の解説部分)でも触れています。

関連記事グラトリ初心者向け! オーリー、180、プレス系トリックのコツ

この記事では、 オーリー ノーリー フロントサイド180 バックサイド180 プレス系トリック を解説しています。 「グラトリがうまくいかないんだよなぁ」という時は、「軸」を意識してみてください。 ス ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

立石秀彦

元雑誌『SnowBoarder』編集長。スノーボードがうまくなるハウツー系記事が好きです。

-スノーボード上達, 初心者向け