スノーボード板 板と道具

【ライダーコメントあり】スゴい戦闘力を持った上級者向けカービングボード!OGASAKA CT-S

OGASAKAのCTシリーズの中でもっとも硬い『CT-S』。

上級者向けのCT-Sは荒れた斜面でもスピードを出してカービングできるモデルとして、とくに競技者から支持を得ています。

カーボンシートを搭載しているので反発力にもすぐれ、コンベックスソールで操作性にもすぐれている。

個性的な板ですが、乗りこなすことができればカービングでの爽快感はケタ外れ

今回はそんなOGASAKA CT-Sについて、OGASAKAライダーの稲川光伸さんがコメントを寄せてくれました。

この記事は妙高山スノーボードスクール代表を務める元JSBA公認デモンストレーターの稲川光伸さんにご協力をいただきました。
執筆は元プロスノーボーダーの渡部ルミが担当します。

予約販売は早いもの勝ち!
¥95,700 (2022/09/20 16:31時点 | 楽天市場調べ)

稲川元デモによる OGASAKA CT-S レビュー

ぼくがふだん乗っているOGASAKA CTから少し硬めの設定にしたのがOGASAKA CT-Sです。

技術選やテクニカル戦など、カービングを競う競技向けのモデルですね。

OGASAKA CTよりも競技向けに作られていて硬いので、CTよりもエッジの強さをすごく感じられます。

斜面状況に左右されることがなく、板のバタつきが感じられないので、どんな斜面でも切り裂いていける。

スゴい戦闘力を持ったボードになっています。

まず乗った感じとしては硬い感覚があります。

一般レベルでは、「すごく動かなくて硬くて曲がらない」、そんな声が出ることもあります。

実際、ライダーでもはじめは少し硬さを感じるボードではあります。

でも、CT-Sに1週間位乗るとなじんできて、よりスピードに乗っていけると感じられるはずです。

斜面状況がハードであっても、荒れた部分に左右されることなくスピードを出して攻めて行くことができる。

そして急斜面を攻めて行くことができる。

とにかくエッジコンタクトが良くて、雪面をカービングする感覚に優れています。

ものすごくしっかりしているので、安定感がとにかく抜群ですね。

CT-SのSはSTIFF(硬い)のSです

こんな人にオススメ

  • 技術選やテク戦などの大会出場を考える人
  • 急斜面を高速でターンしたい人
  • どんな荒れたバーンでも思い通りのターンを描きたい人

こんな人にはNG

  • スノーボード初心者・初級者
  • グラトリでスタイルを出したい
  • リラックスしてフリーランしたい

スペック

SIZEEF.EDGE.LCO.LNOSE WWAIST WTAIL WRADIUSSET BACKSTANCE
1611290127029325529311.1-10.6-11.120560
158126012302922522929.9-9.4-9.919560
156124012002902472908.7-8.4-8.718560
154122011802872452878.5-8.2-8.517540
芯材ASP2コア(161、158)ASPコア(156、154)
補強材グラスファイバー+カーボンシートワイド
PCプレートタイプOG1(161、158)タイプS(156、154)
エッジステンレス
ソールシンタードグラファイト
ソール仕上げサンディング仕上げ(コンベックスソール)
予約販売は早いもの勝ち!
¥95,700 (2022/09/20 16:31時点 | 楽天市場調べ)
  • この記事を書いた人

渡部ルミ

元JSBA公認プロスノーボーダー。かつてはインストラクター資格も保有し、JSBA公認スノーボードスクールに勤務。スノーボードデビューは1994年。

-スノーボード板, 板と道具